名もなき山に住まう者たちの明日を願う唄(雄々しき山への祈り唄)

<楽曲データ>

 編成ブラスバンド 演奏時間 6:00 作曲年 2014年 出版社未出版

<解説>

第1楽章~踊り~

第2楽章~祈り~

第3楽章~誓い~


<キーワード>
ブラスバンド コンテスト・演奏会向け 和太鼓 五音音階  安部泰輝

<参考演奏>

名もなき山に住まう者たちの明日を願う唄

   演奏:北海道上富良野町立上富良野小学校 動画は録画業者の許可を得て掲載。

【楽曲の物語】

名もなき山に住まう者たちにあるお告げが下る。

~まもなく未曾有の厄災が降りかかるであろう~

山の者たちはお告げに恐れおののく。

どうしようもない恐怖を紛らわすために,催された祭り。

仲間と語らい,日々の疲れを吹き飛ばし踊りに興じる。


大いに盛り上がった祭りではあるが,その後に残された虚無。

迫り来る恐怖を払拭するにはいたらなかった。

そこで,山の神への祈りをささげることに。

多くの者たちが,険しき山を登り,祈りを捧げる。

厄災を打ち払うために。

自らの心の平穏を保つために。

祈りを終えた者たち。


依然せまりくる厄災に,己の力をもって立ち向かおうと誓いをたてる。

自らを鼓舞し,恐怖に打ち勝ち,未来を見据えるのであった。


作曲:安部泰輝(ABE hiroki)